ミニチュア・シュナウザーのエサの種類と与え方、飼育のコツ

ミニチュア・シュナウザー

しっかりした骨格で

顔に特徴のある犬です。

 

 
ミニチュア・シュナウザーのエサの種類と与え方、飼育のコツ
 

 

楕円状の目とアーチのような眉毛、

口ひげに特徴があります。

 

 

長い歴史の中で、

ミニチュア・シュナウザーは

ねずみ駆除犬として働いてきたので

害虫にかじられないように

ひげがついているといわれています。

 

 

ミニチュア・シュナウザーの性格は

活発で明るく聡明でりこうな犬です。

 

 

飼い主や家族をよく観察しているので

コミュニケ―ションも取りやすく

育てやすい犬種です。

 

 

また、ミニチュア・シュナウザーは

抜け毛も少なく体臭もないので

マンションで飼育している方も多いです。

 

 

 

 

ミニチュア・シュナウザーのエサの与え方

ミニチュア・シュナウザーを

育てる時に大切なのは
 

運動不足になると

太りやすい体質なので

1日2回の散歩とエサの管理

大変重要になります。

 

 

ミニチュア・シュナウザーは

エサを与えすぎると

カロリー過多で肥満になります。

 

 

肥満になると抵抗力が弱まり

病気にかかりやすくなるので

注意が必要です。

 

 

子犬の頃の

ミニチュア・シュナウザーのエサは

1日に3回与えます。
 

 

エサの種類は

ドライフードとウエットタイプの

エサがありますが

便利で保存性もよく

栄養バランスに優れている

ドッグフードが適しています。

 

 

その後、様子を見ながら

エサの回数を1日2回にしていきます。
 

 

玉ねぎや長ネギなどネギ類は

血尿がでたり

下痢や嘔吐、中毒症状を起こすので

ミニチュア・シュナウザーには

与えてはいけない食べ物です。

 

 

 

 

ミニチュア・シュナウザーのトイレのしつけ方法

ミニチュア・シュナウザーの

トイレのしつけは

子犬の時から始めます。

 

 

ミニチュア・シュナウザーのトイレのしつけ方法
 

 
トイレを置く場所は

部屋の隅やサークルの中など

落ち着いた環境においてあげる事が

大事です。

 

 

ミニチュア・シュナウザーの

しつけのコツは

排泄のタイミングに注意をします。

 

 

エサの後や起きた後などに

トイレ習慣を

つけるようにしてあげましょう。
 

 

トイレの場所へ誘導してあげると

スムーズに覚えられます。

 

 

外で排泄をする習慣をつけると

雨の日や留守の時に困るので

室内で排泄できるように

トイレ習慣をつけた方がよいです。

 

 

ミニチュア・シュナウザーは

トイレの習慣と同様に

無駄吠えや噛み癖も

小さい時からしつけておく事が大切です。
 

 

室内の噛みやすいものは

片づけて遊び場所を決めておくほうが

しつけがしやすいです。

 

 

ミニチュア・シュナウザーとの

主従関係、信頼関係が

できていると

しつけもしやすくなります。

 
人気ランキングはこちら