ミニチュアダックスフントのエサの種類と与え方、飼育のコツ

ミニチュアダックスフント

生後2ヶ月~3ヶ月間は

離乳食や高タンパクで

高カロリーのドッグフードを与えます。
 
ミニチュアダックスフントのエサの種類と与え方、飼育のコツ
 

 

エサの柔らかさは

段階的に硬くしますが、

上手く消化できない場合は

1回に与えるエサの量を減らして、

エサの回数を増やします
 

 

ミニチュアダックスフントは

1日3回エサを与えるのが基本です。

 

 

生後4ヶ月~7ヶ月の

ミニチュアダックスフントは

栄養価の高いエサを与えますが、

トレーニング時のご褒美として、

犬用のおやつも用意するとよいでしょう。

 

 

また、この時期は

エサを与える回数は2回に減らします。

 

 

生後8ヶ月~7年の

ミニチュアダックスフントは

成犬用のドッグフードを与えます。

 

 

生後8年以降の

ミニチュアダックスフントは、

消化機能が低下するので、

高タンパクで低カロリーの

シニア用のエサに変えましょう。

 

 

シニア犬のミニチュアダックスフントは

エサの回数は、2~3回に戻します。

 

 

 

 

ミニチュアダックスフントを上手に育てるには

ミニチュアダックスフントを

育てる時に大切なのは、

しっかりと散歩に連れて行くことです。

 

ミニチュアダックスフントを上手に育てるには
 

 

ミニチュアダックスフントは

体は小さいですが、

活発な性格で運動や散歩を好みます。

 

 

毎日の散歩に加えて、

ドッグランで思い切り

体を動かすと良いでしょう。

 

 

ストレスを解消して

肥満を予防します。

 

 

しかしミニチュアダックスフントが

過度な運動を行うと、

頚椎椎間板ヘルニアに

なる恐れがあります。

 

 

ミニチュアダックスフントを

運動させるときには

段差がある運動を控えて、

平坦な地面で

自由に動ける環境を作ります。

 

 

また散歩中は気候にも注意します。

 

 

ミニチュアダックスフントの

四股は短いので、

地面からの反射熱を直接受けます

 

 

真夏は体温が上がりやすいので

日中には散歩しません。
 

 

一方で寒がりでもあるため、

冬の散歩では防寒対策を徹底します。

 

 

ロングやワイヤーの

ミニチュアダックスフントより

スムースのミニチュアダックスフントの

方が寒がります。

 

 

 

 

ミニチュアダックスフントは月1回以上シャンプーを

ミニチュアダックスフントの体臭は

それほどきつくないですが、

毛並みの美しさを保つために

月に1~2回シャンプーをします。

 

 

シャンプーの前には

全身をブラッシングして、

毛のもつれを取ります。

 

 

ミニチュアダックスフントは耳が長いので

耳には水が入らないように

青梅綿などで

耳栓をしてあげるとよいでしょう。

 

 

シャワーヘッドを体にくっつけると、

水が飛び散らず音が大きくないので、

恐怖心を感じさせないで

シャンプーできます。

 

 

ドライヤーは冷えないうちに

お腹からかけてあげましょう。

 
人気ランキングはこちら