ボストン・テリアのエサの種類と与え方、飼育のコツ

ボストン・テリア

見た目はブルドッグに似ていますが

テリア系の犬種です。

 

 

ボストン・テリアのエサの種類と与え方、飼育のコツ

 

 

温厚でおとなしくて

やさしい知的な犬種です。

 

 

基本的には、ボストン・テリアは

室内犬として定着していますが、

やんちゃな性格も併せ持っているので

ボールを追いかけまわしたり

するのを好みます。

 

 

 

 

ボストン・テリアのエサの与え方

ボストン・テリアは小型犬なので

毎日与えるエサには

特に気を使わなければなりません。

 

 

小型犬は大型犬に比べて

少量の添加物でも

体に影響を与えてしまいます
 

 

そのため、ボストン・テリアの

エサを選ぶときには

無添加のエサを選ぶ事が大切です。

 

 

また、小型犬は肥満になりやすい

傾向にあるので

毎日のエサも

適切な量を与えることが必要です。

 

 

ボストン・テリアは

皮膚病や脱毛などの

皮膚の病気にかかりやすい犬種なので

エサに十分注意が必要です。
 

 

エサによっては

脱毛に関係してくるので

栄養バランスのとれた

脂肪分のないドッグフードが適しています。

 

 

 

 

ボストン・テリアのエサの適量は

ボストン・テリアは

4kgから7kg程度なので

1日のエサの量は75gから150g程度です。

 

 
ボストン・テリアのエサの適量は
 

 

エサの与え方は

朝と夕2回に分けて適量を与えます。

 

 

エサの与えすぎは

肥満の原因となり

他の疾患の要因になるので

エサの与えすぎには注意が必要です。

 

 

 

 

ボストン・テリアは熱に弱い

ボストン・テリアを

育てる時に大切なのは

気温とお手入れです。

 

 

ボストン・テリアは

比較的暑さに弱いので

真夏には熱中症に

なりやすくなってしまいます。

 

 

そのため、ボストン・テリアを

外で飼うのは避け

室内で飼うようにしましょう。

 

 

また夏場には部屋の風通しを良くして

部屋の中が暑くなるのを防いだり、

エアコンを入れて

室内温度の変化を気を

配ることが大切です。

 

 

ボストン・テリアは被毛が短いですが

定期的にブラッシングを

することが必要です。

 

 

また、ボストン・テリアは

皮膚病などの皮膚の病気に

なりやすいので

お手入れはこまめに行いましょう。

 

 

皮膚系のアレルギーには

ハウスダストやノミが

原因となることもあるので

十分注意することが必要です。

 

 

ボストン・テリアは

室内犬で比較的飼いやすい犬種ですが、

小型犬なので

与えるエサには十分な注意が必要です。
 

 

そのため無添加のエサや

栄養バランスの良い

ドッグフードを与えるようにしましょう。
 
 
人気ランキングはこちら