フレンチ・ブルドッグのエサの種類と与え方、飼育のコツ

フレンチ・ブルドッグ

愛嬌があって、活発です。

 

 
フレンチ・ブルドッグのエサの種類と与え方、飼育のコツ
 

 

また、フレンチ・ブルドッグの

飼い主に従順な性格は

マニアと呼べる人がいるほど

一度飼うとやめられない

愛らしさが特徴です。

 

 

ただ、フレンチ・ブルドッグを飼ううえで

気をつけておかねばならない点が

改良に改良を重ねられた

犬種であるという点です。
 

 

ブルドッグやパグのように

鼻の短い犬種は

暑さに弱いと言われていますが、

それはフレンチ・ブルドッグも同じです。

 

 

これは鼻から入った熱気が

冷却される前に

気道や肺に入り込んでしまうからで、

もっとも気温の上がる

午後などの炎天下で

フレンチ・ブルドッグを

屋外に出しておくことは危険です。

 

 

したがって、特に夏の散歩は

早朝と夕方涼風が立ってからに

することが大切です。
 

 

また、フレンチ・ブルドッグは

アレルギー疾患の事例が

多い犬種でもあります。
 

 

皮膚が弱い傾向にあるので、

アレルギー皮膚炎などを発症しやすく、

また重症化してしまうことも

しばしばあります。

 

 

 

 

フレンチ・ブルドッグのエサの与え方

フレンチ・ブルドッグのエサは

獣医師によく相談して

アレルゲンを含まないようなものを

与えることが重要であると

覚えておきましょう。

 

 
フレンチ・ブルドッグのエサの与え方
 

 

フレンチ・ブルドッグを

育てる時に大切なのは、

活発な犬種の割には

非常に体が弱い傾向にあることを

よく知っておくことと言えます。

 

 

また、フレンチ・ブルドッグは

消化系が弱い傾向もありますので、

エサなども与えすぎてしまいますと、

下痢をしてしまったり、

吐いてしまったり、ということも

一般的な犬種に比べると

多いことが挙げられます。

 

 

エサは決められた時間に

決められた分量を与えること

徹することが大切です。

 

 

また、おやつなどでも

脂質の多いものは出来るだけ

避けた方がよいでしょう。

 

 

 

 

体調不良の際はかかりつけの獣医に相談を

このように、フレンチ・ブルドッグは

飼育に大変気を遣う犬種でありますが、

その性格の良さや愛らしさは

何にも代え難いものが

あることも事実です。

 

 

できれば、犬の飼育に慣れている、

という方が、フレンチ・ブルドッグを

上手に飼えるかもしれません。

 

 

しかし、初めて犬を飼う、という方でも

まずはかかりつけの獣医さんを持ち、

何か小さな変化があった時にも

すぐに連絡をして、診察は勿論、

フレンチ・ブルドッグの飼育の相談や

指導を受けることで

充分補えるのではないでしょうか。
 

 

フレンチ・ブルドッグは

ファンの多い犬種だけあって

気をつけて飼えば、

病み付きになると言っても

過言ではないでしょう。

 
人気ランキングはこちら