ビーグルのエサの種類と与え方、飼育のコツ

ビーグルとは、

嗅覚ハウンドに属する

犬種のひとつです。
 

 
ビーグルのエサの種類と与え方、飼育のコツ
 

 

古来よりうさぎ狩りを

業としてきており、
 

その鳴き声から

「森の鈴」「森のトランぺッター」

「草原の声楽隊」などの

愛称がつけれています。

 

 

ビーグルのその優れた嗅覚から

現在では、日本やオーストラリアでは

空港の検疫探知犬として、
 

持ち込み禁止の食品や

物品を嗅ぎ分ける

ワーキングドッグとしても

活躍しています。

 

 

ビーグルの原産国はイギリスで、

毛色はトライカラーや

レッドアンドホワイトなどの

色をしています。
 

 

性格は狩猟犬の中で最も愛想が良く、

群れで狩りを行うことから

人や犬に対して

コミュニケーションが

欠かせない犬種です。

 

 

また、ビーグルは

活発で好奇心が旺盛ですが

穏やかで忍耐力あり、食欲旺盛な反面、

寂しがりで長時間の留守番には

向いていないとされています。

 

 

 

 

ビーグルのエサの与え方

ビーグルのエサは、

狩猟犬のため

ドライフードを食べてくれない

ケースも多いとされています。
 

 
ビーグルのエサの与え方
 

 

狩猟犬の特徴としてビーグルは

肉を好んで食べる習性があるため、

穀物が主体のドッグフードは

食いつきが悪いのです。

 

 

ビールグのエサを与える場合、

運動量が多いため

骨や関節に良い栄養素を

含んだエサが良いとされています。

 

 

特にカルシウムを多く含むエサを

与えるのが良いとされており、

食いつきの良い肉を主体にした

エサを混ぜるのも良いかと思われます。

 

 

また、ビーグルは食欲旺盛なため、

栄養バランスやエサの量などを

コントロールしながら

与えることが大切です。

 

 

 

 

ビーグルを育てる時の注意点

ビーグルを育てる時に大切なのは、

外で適度な運動を

させることが重要です。

 

 

野外にでると

探検に夢中になる傾向があるため、

適度な運動を行うことで

落ち着きのある従順な性格になります。

 

 

また、ビーグルは

コミュニケーションが好きなので

ドッグランなどを利用して

ほかの犬や飼い主と

交流させる機会があると喜びます。

 

 

好奇心が旺盛なため

普段から呼び戻しを

しっかり教えておくようにしましょう。

 

 

ビーグルのしつけは

かなり根気が必要で、

従順ではありますが

頑固なところもあるため

拒否反応がある場合には

矯正しないことも重要です。

 

 

また、肥満や

何でも口に入れる習性などにも

注意が必要です。

 
人気ランキングはこちら