パグのエサの種類と与え方、飼育のコツ

パグとは、短鼻の小型犬になります。
 

 
パグのエサの種類と与え方、飼育のコツ
 

 

垂れ耳で額に大きく深いシワがあり、

毛は比較的細めで滑らかな短毛で

覆われています。

 

 

パグは小型犬ですが

骨格はしっかりとしており、

泣き声も落ち着いた低い声です。
 

 

小型で短毛であるため

パグの飼育には

手間がかからないとされていますが、
 

暑さや寒さに弱く、

目が大きく突出しているため

怪我をすることが多いので

注意が必要です。

 

 

パグの性格は、愛情深く遊びが好き。

やや気紛れでマイペースな面も

ありますが、

基本的には温厚な性格をしています。

 

 

反面プライドが高くやや

頑固という面も持ちます。

 

 

 

 

パグのエサの選び方

パグのエサには、

ドライタイプやウエットタイプなど

さまざまなエサがあります。

 

 

パグのエサのおすすめとしては、

栄養バランスの良いドライフードに

缶詰に入ったウエットタイプのエサを

2割り程度加えた混合食

良いとされています。

 

 

基本的にパグは

食欲が旺盛だとされています。
 

 

そのためエサの種類を気にするよりも、

エサの与え方に注意が必要です。
 

 

必要な栄養やカロリーを考えながら

エサを与えることが大切です。

 

 

パグ自身の胃腸の負担を考えながら

エサの回数を

調整していく必要があります。

 

 

また、幼犬用のエサや

成犬用のエサでは

栄養価が異なるため、
パグの成長に合わせて

ドッグフードを変えていくことも重要です。

 

 

 

 

パグはエサの時間が正確

パグはエサの時間も正確なため、

エサの時間を決めてしまうと

エサを催促して

騒ぐようになってしまいます。
 

 
パグはエサの時間が正確
 

 

そのため、パグの場合は

決めた時間にエサを与えるよりも
 

朝は7~10時、夜は18~21時の間に

エサを与えるなど

バラバラにすること

催促すること防ぐことができます。

 

 

また、人間の食事は

パグにとっては塩分が多すぎるため、

あげてはいけないとされています。

 

 

 

 

パグの育て方の注意点

パグを育てる時に大切なのは、

エサの調整や病気への注意になります。

 

 

パグは食欲旺盛で

肥満になりやすいため

パグの様子を見ながら

エサの量を調整するようにしましょう。

 

 

また、パグは

睡眠時にはいびきが多いが

酷い場合には鼻腔狭窄の可能性がある、

脂性なのと特徴的なしわや垂れ耳が

汚れが溜まりやすいため

皮膚病になりやすい、
 

他には、パグは

目が大きいために目が傷つきやすく、

目やにもでやすいなどの

健康上の注意が多い

犬種となっています。

 
人気ランキングはこちら