チワワのエサの種類と与え方、飼育のコツ

チワワを育てる時に大切なのは、

チワワが世界的に公認されている中で

最も小さな犬種である事

しっかりと認識しておくという事です。

 
チワワのエサの種類と与え方、飼育のコツ
 

 

 

この点については、

エサやりから飼育環境に至るまで

様々な影響を齎しています。

 

 

 

 

チワワのエサの与え方

まずチワワのエサについてですが、

体の大きさは

食事量に如実に影響するので

チワワの場合はエサの量は少なくてOKです。

 
チワワのエサの与え方
 
 

従って、費用面では

エサ代を抑えられるという

利点があります。

 

 

ですが栄養面で見ると

少ない食事量で種々の要素を

満たさなければいけませんし、

逆に特定の栄養が

過多になり過ぎないように

チワワのエサには

注意しなければなりません。

 

 

そこで、チワワにエサを与えるときに

注意したいのが、

飼い主を初めとする

ヒトの食事を分け与える行為です。

 

 

小型犬であるチワワは

内臓もその分小さく、

その機能面から考えて

ヒトの食事は僅かな量であっても

塩分・糖分・脂分等の

過多に繋がる上、
 

一度与えると癖になり兼ねない事から

エサとして与えるのは

避ける必要があるのです。

 
チョコやココアもチワワに食べさせないこと

 
 

これに加えて、

チョコレート・タマネギといった

一般に犬に中毒症状を齎す可能性のある

食材は、チワワのエサとして

絶対に避ける必要があります。

 

 

 

 

チワワの飼育環境について

続いてチワワの飼育環境の面ですが、

チワワは体が小さい上に

体温調節機能は

決して強い方では無いので、
 

安定した温度を保った環境を

用意する必要があります。
 

 

基本は、チワワは室内飼育とした上で

クーラーやヒーターを

季節に応じて駆使し、

冬場に出掛ける場合には

犬服を着用するといった工夫を行って、

健康面を保ってやる必要があります。

 

 

 

 

チワワの健康管理について

チワワの健康管理の面においては、

他にも注意すべき事があります。
 

 

チワワの特徴の1つが

体の大きさに見合わない

愛くるしい大きな目ですが、
 

 

その形状故か

目の感染症になりやすい傾向にあります。

 

 

従って、チワワの健康を管理するために

目ヤニや涙を拭き取るといった

ケアが必要となります。

 

チワワは目の病気に注意
 

 

また、チワワだけにかかわらず

小型犬全般に言える事ですが、

 

何かの拍子に

局所的な負荷が掛った場合の

骨折・脱臼が多い傾向にあるので、

歩き方の異常にも

普段から注意を払うべきと言えます。

 

 

この当たりの事に注意すれば、

好奇心の高さと利口さが

相まったチワワは

しつけが行いやすいため、

飼いやすい犬種と言えるでしょう。

 

 

チワワ生来の性格が

我儘に転化しないように、

必要なケアと時には厳しさをもって

接する事が大切です。

 
人気ランキングはこちら