ゴールデン・レトリーバーのエサの種類と与え方、飼育のコツ

ゴールデン・レトリーバーは、

穀物が入っていない

ドッグフードを食べさせます。
 

 
ゴールデン・レトリーバーのエサの種類と与え方、飼育のコツ
 

 

おやつには鶏肉や魚など

良質なタンパク質を

含むものを与えます。

 

 

ささみジャーキーや鶏肉を

味付けしないで

そのまま茹でるだけでも構いません。

 

 

ゴールデン・レトリーバーの

死因の第一位は、癌です。

 

 

犬にとって炭水化物は不要な栄養素で、

炭水化物を食べると

内臓に負担がかかったり

癌になったりします。
 

 

また股関節形成不全に

なる恐れがあります。

 

 

 

 

ゴールデン・レトリーバーのエサの回数は

ゴールデン・レトリーバーは

体が大きく食べることが大好きなので

エサをたくさん食べます
 

 

朝晩2回エサをあげますが、

エサの量は

マグカップ3倍程度が目安です。

 

 

鶏肉をエサとして与えるときは、

骨が入っていないか確認します。

 

 

鶏の骨は消化できなくて

内臓を傷付けることがあります。
 

 

さらに、玉ねぎやネギは

血液中の赤血球を破壊するので、

絶対に与えてはいけません。

 

 

 

 

ゴールデン・レトリーバーを育てる時に大切なことは

ゴールデン・レトリーバーを

育てる時に大切なのは、

褒めてしつけることです。

 

 

ゴールデン・レトリーバーは

他人に怪我をさせる可能性があるので、

しっかりとしつける必要があります。

 

 
ゴールデン・レトリーバーのエサの種類と与え方、飼育のコツ
 

 
悪いことをしたときは

厳しく「ノー」と言いますが、

ちゃんとできたら

思い切り褒めてあげます。

 

 

ゴールデン・レトリーバーは

学習能力が高いので

幼い頃からしつけると、

成犬になって周囲に迷惑をかけません。

 

 

 

 

ゴールデン・レトリーバーを飼うときの注意点

ゴールデン・レトリーバーは

股関節が弱い傾向があるので

毎日走らせるのは避けましょう

 

 

また、ゴールデン・レトリーバーは

肥満も多いですが、

通常の散歩を行ったり、

エサを低カロリーなものに

見直したりして肥満を防ぎます。

 

 

ゴールデン・レトリーバーがまだ

幼いときに室内を走り回ると、

股関節の発達に悪影響を及ぼしたり、

脱臼したりします。
 

 

室内では大人しくして、

外で活発に運動する

習慣を覚えさせます。

 

 

ゴールデン・レトリーバーは

毛が長いので、

毎日ブラッシングします。

 

 

家で完璧に洗うのは困難なので、

定期的にサロンに通って

トリミングをしてもらいます。

 

 

また、ゴールデン・レトリーバーは

皮膚が弱いので、

ライオンカットのように

皮膚を晒すカットは控えます。

基本的に暑がりなので、

夏場はエアコンを付けてあげましょう。

 
人気ランキングはこちら