キャバリア・キングチャールズスパニエルのエサの種類と与え方、飼育のコツ

キャバリア・キング

チャールズスパニエルは、

イギリス産のスパニエル種に

分類される小型犬です。

 

 
キャバリア・キングチャールズスパニエル
 

 

イギリス王室の愛玩犬としても

愛されていた歴史があり、

飼い主に愛情が深く、

忠実なことから
 

キャバリア・キングチャールズ

スパニエルは

日本でも人気が高い犬種の1つです。

 

 

優しくで穏やかな気質なので、

他の犬やペットとも仲良くすることが

できる社交的な性格を持っているので、

家庭犬として飼うのに向いています。

 

 

普段は穏やかながら、

遊ぶことやスキンシップが大好きで、

人と一緒に暮らすことを好みます。

 

 

賢いのでしつけがしやすいですが、

知らない人にも嬉しそうに近づくので、

番犬としての役割は

あまり期待できません。

 

 

 

 

キャバリア・キングチャールズスパニエルのエサの与え方

キャバリア・キングチャールズ

スパニエルは、

体重が5~8kg

身長は30~33cmと小柄で、

絹糸のような被毛を持つのが特徴です。

 

 

生後2年くらいから

足や耳、胸などに

羽毛のような飾り毛が生えてくるのが

チャームポイントでもあります。

 

 

キャバリア・キングチャールズ

スパニエルは

遊びの延長で噛み癖があるので、

小さい頃から

噛み癖をなおすように

しつけをするといいでしょう。

 

 

室内で飼われていることが多く、

他の小型犬と比べても

食欲旺盛な犬種なため、

エサは成犬になったら

1日2回与えるようにしましょう。

 

 

朝のエサを多めにし、

夜のエサは少なめにするといいでしょう。

 

 

朝のエサを多めにあげても

運動でエネルギーを

消化することができます。

 

 

キャバリア・キングチャールズ

スパニエルは

肥満になると、

股関節の脱臼を発症しやすいので、
 

肥満にならないように

犬の体を手で触って確認して、

エサの量を調節しましょう。

 

 

 

 

キャバリア・キングチャールズスパニエルを育てるうえでの注意点

キャバリア・キングチャールズ

スパニエルを育てる時に大切なのは、

毎日、適度の運動を

させてあげることです。

 

 

室内で飼っていると

運動不足になりがちなので、

足に負担がない芝生などで

目いっぱい遊ばせてあげましょう。

 

 
キャバリア・キングチャールズスパニエルのエサの種類と与え方、飼育のコツ
 

 

また、キャバリア・キングチャールズ

スパニエルは毛が長い犬種ですから、

小まめにブラッシングを

してあげましょう。

 

 

ブラッシングをすることで、

毛の間のほこりが取れますし、

血行も良くなるので、

犬も喜んでくれるでしょう。

 
人気ランキングはこちら