犬の健康に欠かせない6つの栄養とは?

 

犬が元気に暮らしていくためには

必要な栄養が不足しないよう

してあげなければなりません。
 
犬のエサに必要な栄養は6種類

 

人間も犬も必要な栄養素は

水、タンパク質、脂質、

炭水化物、ビタミン、ミネラル

で 同じです。

 

 

 

必要な栄養6種

 

①犬の健康に必要な栄養 「水」

 
は、体温調整や

摂取した食べ物の消化、

栄養素の運搬の働きをします。
 
犬の健康に水は必要

 

飲み水として摂取する以外にも

食べ物からも摂取することができます。

 

 

とくに必要な水の量が

決まっているわけではありません。

 

 

犬が飲みたいと感じたときに

新鮮な水が飲めるように

準備してあげることが大切です。

 

 

 

②犬の健康に必要な栄養 「タンパク質」

 
タンパク質

体の中でアミノ酸に分解され、

エネルギー源となったり

体をつくったりする栄養素です。
 
タンパク質も犬に重要な栄養

 

体の中でつくり出すことは

できないアミノ酸は

必須アミノ酸と呼ばれ、

食事などから

摂取しなければなりません

 

 

犬の必須アミノ酸は12種類あります。

 

さまざまなタンパク質を摂取して

必須アミノ酸が不足しないように

する必要があります。

 

 

 

③犬の健康に必要な栄養 「脂質」

 
脂質も、タンパク質と同じように

身体づくりに必要な栄養素です。

 

 

リノール酸、

α‐リノレン酸、

アラキドン酸 が

必須脂肪酸となっているので、

 

不足しないように

気をつけて犬のエサを

あげることが大切です。

 

 

 

④犬の健康に必要な栄養 「炭水化物」

 
エネルギー源となる糖質と

繊維に分解されるのが

炭水化物です。

 

 

犬は炭水化物の分解を

苦手としています。
 
穀物の入ったドッグフードは危険

 

犬にとって炭水化物は

少量で十分とされており、

多すぎると負担となります。

 

 

エサを与える際には

炭水化物を与えないよう注意しましょう。

 

 

 

⑤犬の健康に必要な栄養 「ビタミンとミネラル」

 
体調を整えてくれるのが

ビタミンミネラルです。

 

 

犬が必要としているのは

どちらも12種類となっています。

 

 

健康に問題を抱えていない犬には

ビタミンCは不要とされています。

 

 

また、脂溶性ビタミン、ミネラルの

過剰摂取は犬の健康を

損なう危険があるので

 

エサを与える際には注意しましょう。

 

 

 

これらの5種類の栄養素は

6大栄養素と呼ばれています。

 

犬に必要なものが不足しないよう、

気をつけてエサをあげることが大切です。

 
人気ランキングはこちら