犬に危険な成分が含まれていないドッグフードを選ぼう

 
ドッグフードは

肉や穀物、野菜などから作られています。

 

犬にとって危険なものが含まれていないドッグフードを選ぼう

 

多くのドッグフードの原材料欄には

肉類、穀物類、野菜類、

ビタミン類保存料の順番で

表示されています。

 
 

これらについて

さらに詳しく使用されている原材料が

記されているわけですが、

 

なかには犬にとって

危険な原材料を使って作られている

ドッグフードもあるので

注意が必要です。

 

 

 

まずは保存料をチェックしましょう

まずチェックしなければならないのが

保存料の欄です。

 
 
ソルビン酸カリウムなどの保存料、

赤102をはじめとする着色料、

BHAといった酸化防止剤

化学添加物で、

 

犬の健康に悪影響となる

危険があります。

 

 

こういった化学添加物の記載がある

ドッグフードは

選ばないようにしましょう。

 

 

 

副産物・ミールの記載があるエサは選ばない!

次に見なくてはならないのは

肉類の欄です。

 

ここに副産物やミール、

粉、パウダーといった

記載があるドッグフードは

絶対に選んではいけません

 

 
これらの正体は

人間が食べられない肉や

そういった肉を

レンダリングしたものです。

 

 
病気になったり

薬殺処分されたりした動物の肉、

ひどい場合では

ビニールなどが入っている場合もあります。
 
 
何が入っているかわからず、

犬にもとても危険です。

 

 

 

動物性油脂が入っていないエサを選びましょう

穀物類の欄では、

動物性油脂が入っていないことを

確認してください。

 

犬にとって危険な動物性油脂が含まれていないドッグフードを選ぶのが大事
 

肉骨紛を作るさいに出る

動物性油脂には、

酸化防止剤などの

化学添加物が多用されています。

 

 

 

ビートバルブや食塩含有のドッグフードも危険

また野菜類の欄では

大根の繊維である

ビートバルブの記載があるエサは

選ばない方が無難です。

 

 

ビートバルブには

酸性の薬品が使われているため

危険ですし、

 

そもそも犬は、繊維を消化することが

苦手であるため、

ビートバルブは犬の健康に

良い影響を与えません。

 
愛犬のエサ選びは飼い主の責任
 

ビタミン類の欄に

食塩が記載されているドッグフードも

選ばないでください。

 

塩分が入ると

味も香りも良いものとなり、

犬はそのエサを

よく食べるようになります。

 

しかし塩分は、

犬にはあまり良いものではありません。

 

 
塩分を摂りすぎてしまうと、

人間と同じように

病気を引き起こします。

 

 

 
犬の健康を第一に考えて、

危険なものが入っていない

ドッグフードを選ぶようにしましょう。

 
人気ランキングはこちら