ドッグフードの特徴に合わせ、正しく保管しよう

ドッグフードは

人間の食べ物と同じように

きちんと保管をすることが大切です。

 

ドッグフードの保管方法
 
ドッグフードの保管方法

正しい方法で保管していない

ドッグフードは

すぐに傷んでしまい、

大切な愛犬の健康を

損ねてしまうことになります。

 

 

 

ドライタイプのドッグフードは保管も簡単!

ドライタイプのドッグフードは

含んでいる水分量が少ないために

傷みにくく、保存性に優れています。

 

ドライタイプのドッグフード
 
だからと言って

傷むことがないわけではないので、

正しい保管方法を守ることが必要です。

 

 

ドライタイプのドッグフードは

大容量であるものがほとんど。

 

そのたびに必要なエサの分だけを

取り出すことになります。

 

 

ドッグフードの

保管容器はしっかりと封をし

直射日光が当たらない場所で

保管するようにしましょう。

 
 

高温多湿なところでの保管も

エサの傷みを早める原因になります。
 
 

犬が一度に食べるエサの量を考え、

傷まないうちに食べきれる分だけを

買うことも大切です。

 

 

 

ウェットのドッグフードは長期保存できない

 

ウェットタイプのドッグフードは

水分を多く含んでいるために

傷みやすいという特徴を持っており、

 
缶やレトルトパックなどで

1食ずつ包装されているものが

多くなっています。

 

ウェットタイプのドッグフード
 

そのため衛生的で、

開けていないエサについては

人間の食べる缶詰やレトルト食品と

同じように保管しておけば

問題ありません。

 

 

開封してしまったものは

パック容器などに入れて

冷蔵庫で保存しますが、
 
長くは保存できませんので

注意しましょう。

 

 

 

間違えた方法でエサを保管すると

ドッグフードは傷んでしまい、

そのドッグフードを食べた犬は

健康を害してしまいます。
 
 

最悪の場合は

命の危険につながることにもなるので、

正しいエサの保管方法を

守るようにしましょう。

 
人気ランキングはこちら