ドッグフードは特徴を知って選ぶことが大切

 
市販されているドッグフードには

ドライタイプのものと

ウェットタイプの2 種類があります。
 
犬のエサの選び方
 
それぞれに良いところと

悪いところがあり、

どちらのエサが好ましいとは

一概には言えません。

 

 

また犬の年齢や健康状態によっても、

どちらのエサをあげた方が良いかは

変わってきます。

 

 

 

ドライタイプのドッグフード

ドライタイプのドッグフードは、

水分量が10%以下のドッグフードです。

 

乾燥させているため傷みにくく、

長持ちします。
 
ドライタイプのドッグフード
 
比較的に安く、

保存にもそれほど

気を遣わなくても良いという

扱いやすさがメリットとなっています。

 

 

ドライタイプのドッグフードは

栄養バランスもよく、
 

犬もよく噛んで食べることが

必要になるため、

アゴが鍛えられ、

歯石除去の効果もあります。

 

 
このタイプのエサを与えるときには

ドッグフードと一緒に

たっぷりのお水をあげることにだけ

注意するようにしましょう。

 

 

 

ウェットタイプのドッグフード

ウェットタイプのドッグフードには、

水分が75%以上含まれています。
 
ウェットタイプの犬のエサ
 
そのため傷みやすいという

デメリットを持っていますが、
 

缶やレトルトパックで

1食ずつ包装されているので

その分だけ衛生的であると

いうことができます。
 
 

肉や魚の味そのものを

楽しむことができるエサのタイプで

また、水分も多く含んでいるため

食べやすいという特長も持っています。
 
 

年齢や病気などの理由で

体力が落ちている犬にあげると、

楽に食べることができます。
 
 
 
人間と同じように

犬にも好きなエサ、

嫌いなエサがあります。
 
 
 
そのドッグフードをあげたとき、

犬が喜んで食べているかどうか、

残していないかどうかなどの

様子もよく見ておきましょう。

 

愛犬の反応で、与える犬のエサを

選んであげてください。

 
人気ランキングはこちら