飽きたのかも?犬が急にエサを食べなくなったときは変化をプラスしてみて

 

犬がそれまでのエサを

急に食べなくなってしまった場合、
 

病気などの体調不良が

原因であることが考えられます。

 
犬が急にエサを食べなくなったときは
 
 

しかし、同じ犬のエサに対する飽きが

理由となっていることもあるので、

エサに工夫をしてみることも必要です。

 
 
 
 

嗜好性の高いエサを混ぜてあげるのが◎

 
ウェットタイプのドッグフードや

おやつは嗜好性が高く、

犬が喜んで食べる味になっています。
 
 

普段あげている犬のエサに

これらを少し混ぜることによって、

犬も喜んでエサを食べて

くれるようになる可能性があります。

 
犬がエサを食べないときは
 
 

しかし、あまりに多くの量を

混ぜてしまうと
 

栄養バランスが崩れてしまったり、

カロリーの取り過ぎに

なることもあります。
 
 

おやつを混ぜる量は

加減するようにしてください。

 
 
 
 

お皿を温めたり時間制限を作るのも◎

 
犬のエサ自体を変えなくても、

ちょっとした工夫をすることによって

犬に食欲を出させることもできます。

 
 

温めたお皿に

犬のエサを出してあげる

香りが高まり、
 

犬が喜んでエサを食べるように

なる場合があります。

 

 
温めたお皿に犬のエサを出してあげると食べることもある
 

工夫をしても食べなかったときは

30分などの時間を決めて、

犬のエサを

下げてしまうことも必要です。

 

 

出されたときにしか

エサを食べられないことを

覚えさせることで、

 

きちんとエサを

食べることにつながります。

 
 
 
 

おやつは与えすぎないように

 
犬のエサは

健康を維持するために

欠かせないものです。

 

 

適正な量を食べないと

愛犬が体調不良を引き起こし、

病気の原因となります。

 
 

おやつの食べ過ぎによって

エサが食べられなくなっている

場合もあるので、
 

おやつの与えすぎにも

注意するようにしましょう。

 
 

また、このような工夫をしても

愛犬がエサをとらないときは、

動物病院に

相談してみることも大切です。

 
人気ランキングはこちら