ドッグフードを変更する場合は「少しずつ」が鉄則

 

ペットも家族の一員と

考える人が多くなってきたことにより、
 

愛犬にあげるエサも

より犬に良いものを

選びたいと思う人が増えてきています。

 

ドッグフードを変更する場合は「少しずつ」が鉄則
 
 
そのため市販されている

ドッグフードも

 

犬の健康を気遣ったもの、

体に悪い原材料や成分を

使用していないものが
 

どんどんと発売

されるようになってきています。

 

 

今までのドッグフードから

新しいドッグフードに変える場合は

犬のストレスにならないよう、

気をつけながら行うことが大切です。

 

 
 
 

一度にドッグフードを変えると下痢や嘔吐をすることも

 
犬はとてもデリケートです。
 

これまであげてきたエサを

いきなり変えてしまうと

エサを食べなくなってしまう

ことがあります。

 

 
また腸内の環境も繊細で、

下痢や嘔吐を引き起こしてしまう

危険もあります。

 

 

エサをこれまでのものから

違うものへと変えるためには、

 

犬にストレスや

ダメージを与えないように

注意したやり方で、

徐々に変えていく必要があります。
 

 
 

 

エサを変えるときは愛犬の体調変化に注意しましょう

 
犬のエサを変える1日目には、

まず2割程度を

新しいエサに変えます。

 
 
今までの犬のエサと

よく混ぜてあげると、

犬もあまり抵抗感を感じることなく

エサを食べることができます。

 
 

新しいエサへの

切り替えを開始したら

 

エサの食べ方や便の様子、

犬の体調の変化などを

よく観察することが必要です。

 
犬エサの切り替え方
 

 
普段と変わりがなく

問題がないようであれば

1割程度ずつ、新しいエサを

増やしていきます。

 

 

子犬用から成犬用、

成犬用からシニア用、

普通食から疾患治療用、
 

そして添加物が添加されているものから

無添加のもの、

 
犬のエサを変える際は

いずれもすべて同じ方法となります。

 

 

正しい犬のエサの

切り替え方を覚えて、
 

愛犬にストレスやダメージを

与えないようにしましょう。

 
人気ランキングはこちら