愛犬の健康を守る!動物病院とのつきあい方

 
愛犬が病気になってしまった場合、

できるだけ早く

動物病院を受診する必要があります。
 
動物病院との付き合い方

 

犬は自分では具合が悪いということを、

言葉に出して訴えることはできません。

 

 

しかし何らかの

メッセージは発しているので
 

きちんと読み取り、

愛犬の代わりに

獣医師に対し

説明することが必要です。

 

 

 

元気がないときの犬の様子

 

犬が具合が悪いということを

訴えている場合、

 

  •  元気がない
  •  

  •  目に輝きがない
  •  

  •  食事量が少なくなる
  •  

  •  下痢や嘔吐をする

 
といった症状が現れます。

 

 

これらの症状がみられている場合は

様子をよく観察し、

 

必要な場合はすぐに

動物病院を受診することが大切です。

 
 

 

受診時は愛犬に代わって

現れている症状を正確に伝え、

 

病名や病状、治療方法などの

説明を受けます。

 

 

治療は獣医師の判断に従って行われ、

指示の通りに

愛犬をケアして

あげることが大切です。

 

 

 

場合によってはセカンドオピニオンも

 

しかし診断や治療について

納得がいかなかったり、

 

ある程度治療を続けても

あまり症状が改善しない場合には、

 

他の動物病院を

受診してみることも考えてみましょう。

 

下痢や元気がないときは犬を動物病院へ連れていきましょう

 

犬についても

セカンドオピニオンを求めることは、

場合によっては必要です。

 

 

なにかあったときのために、

普段から犬がかかる病気についての

知識を得ておくことはとても重要です。

 

 

 

そうすれば、愛犬が万が一の場合にも

迅速に対応することができ、

 

愛犬の健康の悪化を

防ぐことにつながります。

 

 

また、犬の病気の予防の仕方も

覚えることもでき、

愛犬の健康を守ることができます。

 
人気ランキングはこちら