犬もアレルギー症状を起こすことがある!

 

犬もアレルギーを

引き起こすことがあるのは

人間と同じです。

 

犬もアレルギー症状を起こすことがある

 

ただ犬は人間と違って

言葉で症状を訴えることができません。
 
 

その分、よく観察して

アレルギー源となっているものを

取り除いてあげることが必要です。

 

 

 

犬のアレルギー症状① かゆみを伴うアレルギー症状

 

まず犬がアレルギーを

引き起こしていると考えられるのは、

体を掻き毟っているときです。

 

 

犬が必要以上に

自身の身体を掻いているときは、

かゆみを伴うアレルギー症状が

引き起こされていると考えられます。

 

 

犬の場合でも、

ハウスダストやシャンプー剤、

食事などさまざまなことを原因として

 

かゆみを伴うアレルギー症状は

引き起こされます。

 

 

もっとも多くみられる

犬のアレルギー症状ではあるものの

原因を突き止めるのは大変に難しく、

 

犬が痒がるようになった時期から

アレルギーの原因を

推測することしかできません。

 

 

 

犬のアレルギー症状② フケが出るアレルギー症状

 

次に多いのが

フケが出るというアレルギー症状です。

 

 

このアレルギー症状は、

シャンプー剤が原因となって

引き起こされる場合がほとんどです。

 

 

ペット用として

市販されているシャンプー剤の中には、

人間用には用いることが

禁止されているような、

危険な成分が

配合されているものがあります。

 

 

このような成分は

犬にとっても無害ではなく、
 

体質的に合わない場合には

フケが出るようになります。

 
 

無添加のシャンプー剤に変えると

症状が落ち着き

改善を図ることができます。

 

 

 

犬のアレルギー症状③ 体毛が抜けてしまう皮膚疾患

 

地肌が見えるほど

犬の体毛が抜けてしまうという症状

皮膚疾患も、アレルギーによって

引き起こされていることがあります。

 
犬のアレルギー
 

ハウスダストが原因として考えられ、

ハウスダスト内の

ダニの死骸や排泄物が

犬のアレルギーの原因となっています。

 
 

また、ノミなどの寄生虫を原因として、

感染症が引き起こされている場合

あります。

 
 

床の掃除をまめに行い、

清潔な環境を保つことが大切です。

 

 

 

犬のアレルギー症状④ 下痢や嘔吐をするアレルギー症状

 

犬が下痢、あるいは嘔吐をした場合には、

食べ物が原因となって

犬が食物アレルギー

引き起こした可能性があります。

 

 

市販のドッグフードの中には

犬にとって良くない原材料や

成分を含んでいるものがあり、

注意が必要です。

 

 

犬のエサによって

アレルギーが引き起こされた場合は、

 

すぐにかかりつけの

動物病院を受診する必要があります。

 

 
 

愛犬の健康のため、

アレルギーの原因となるものには

注意しましょう。

 
人気ランキングはこちら